This Category : スピリチュアル

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間の不思議

2011
11/20
*Sun*
yobi5.jpg

時間は過ぎ去り、二度とそこには戻れないような気でいるが

じつは時間は偏在し

過去は今でも、過ぎた本のページのように重なってそこにある。


yobi2.jpg

幾つもの岐路 分岐点を通り過ぎ

またたきの人生を終える。


しかし どうだろう?

思い当たることはないだろうか?

この場面、見たことがある。この場所を、私は知っている。

この時間、この空気、この気持ちを



忘れているだけだ

「間違いだった」とおおきく悔やみ

「時間を遡り、やりなおしたい」

「分岐点に戻りたい」


そう、本当に魂が願った時、

遡り、記憶を白く洗われ、


もう一度同じ場所に立つのだ。


yobi.jpg

私は知っている。


この時間を。


私は間違えて、ここへ戻ってきた。


だから


私は、今度の道を選ぶ。


再び、間違わないために。
スポンサーサイト

クリスタルボウルの響き

2011
11/17
*Thu*
midori5.jpg

2012年1月からスタート(一部12月プレスタート)の6オーナー制
日曜日オーナーのクリスタルボウル、渡辺みどりさんです。

水曜日に、HP用の写真撮影のために、スピカで演奏してもらいましたが、
写真撮りつつその波動に細胞が活性化して、洗われる思いでした

midori6.jpg

床に寝ころんでいただいたり、とにかくリラ~~~クスした状態でクリスタルの響きに身を任せると、
えもいわれぬキラキラしたものが体を通り抜けて行くような気がします。

他の曜日のオーナーさんたちとも自然発生的にコラボできそうな予感・・・


充実の1月からのSpicaになりそう!皆さんお楽しみに!!





日々感謝

やまぐち

祈り

2011
03/18
*Fri*
hanakozuthi.jpg

被災者の方たちのことを思うと、浮かれてはいけない、楽しんではいけない、

じっとしていなくては・・・と、籠る気持ちで塞がっていました。


数日経ち、フィオーレの礼拝堂にて、ひとり、祈り、黙想をして

ようやく心が落ち着いてきました。

実際に被害にあっていないのに、心の弱さを知るようでした。

http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2011/0316/394982.htm?g=03


ときどき見に行く読売の「発言小町」であったトピで、自分だけじゃないのだと、少し気持ちが切り替えられたのも、良かったのかもしれません。


現在、Spicaでは化粧品の販売のみの営業になっております。

もう少ししたら、心を癒し、勇気のわくような会を開きたいと思っています。


皆さまも、心と体をいたわって、大事にお過ごしください。



Spica やまぐちなおこ


結婚=結魂

2010
08/12
*Thu*
結婚

結婚という大きなイベントをどう捉えているか、きっと人それぞれ違う価値観や意義なのだとは思いますが、

今回の独り言は「結婚」について。



かつて若かりし頃、私は「結婚」を甘く見ていました。

甘く、そして青く、無知だったとしか言いようがありませんでした。

19歳の私は、目の前の「彼」だけをみて「彼」と仲良く生活することだけが「結婚」だと思っていたのです。

実際は、たとえその誓約が紙切れ一枚の物だとしても、

結ばれるのは「彼」だけではなく

「彼」「家」「土地」なのだということ。

目の前の肉体をもった「彼」はもちろんのことながら、

「家」(舅、姑、義兄弟、ご先祖様)と「地縁」(出身地だけではなく、霊的に縁の強い土地)と結ばれること。

おおむね、女性が男性側の「家」と「地縁」に従う形になること・・・(もちろん、逆もありますが)

それが「結婚=結魂」


「彼」はともかく、「家」も「地縁」も私には合わないのを知っていたのに、してしまい、どうにかしようと必死に努力をしましたが、飲みこまれる以外は無理なのだと知りました。

大変心苦しかったのですが、命の危機を感じて、お別れさせてもらい、9年間シングルマザーとなりました。


苦しい時期があったからこそ、今の気持ち、今の私になったので感謝しています。



神様に祈ったのは、「もし、またいつか私にパートナーと出会わせて下さるなら、家や土地の霊と相性の良いところに、心から大切に思える場所とつなげて下さい。」と祈りました。

運良く、再び人生を学びあい、支えあう伴侶と出会えたのは、奇跡のようだと思っています。

いつかは老いて死ぬ体をもって生まれてきたのですから、

できることなら朗らかに、日々つつましく穏やかに、感謝しながら生きていきたいです。





星の礼拝堂

2010
07/25
*Sun*
礼拝堂

フィオーレの森、星の礼拝堂です。

特定の宗教の礼拝堂ではなく、訪れた人の霊的に親しい存在と近くなる場所だと思います。

天井は天の川と星座をかたどって金色のしるしがあり、

宇宙の深遠さを感じさせてくれます。


私は以前訪れたインドでの経験と、先日、礼拝堂での出来事がシンクロし、

清められ、すがすがしい気持ちになりました。


「自分の役割を知る」

そのことが人間として生まれてきて、どれだけ重要な項目であるかは、人それぞれだとは思いますが、

私にとってはとても大切な事で・・・

自分が信じる、自分の役割に、望んで徹することができれば、

迷いや、回り道、苦悩の量も減るように思っています。(すべて無くなるわけではありませんが、)


静かな気持ちで、

魂の洗濯に赴くにはとても素敵な場所です。


こっそり敬虔な気持ちで訪れてみてほしいです


08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

プロフィール

Spica101

Author:Spica101
オーナーやまぐちです♪
長男高校2年生 次男もうすぐ2歳 猫は2歳。本人37歳
アロマと花とオリオンビールをこよなく愛しています。

人の心も振動をもつ水晶のようなもの。

良いイメージを膨らませて、

祈りと希望をもって

日々が過ごせますように・・・

明るくいきましょう!!

反原発、汚染瓦礫拡散防止!

 


Twitter

 

 


 


 


 


 


 


サクラスイッチ

 


検索フォーム

 


ネコ温度計

 


 


QRコード

QRコード

 


Copyright © おまけのSpica All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: HELIUM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。