This Archive : 2010年09月

--
--/--
*--*
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのフラワーエッセンス

2010
09/30
*Thu*
CATEGORY : ひとりごと | THEME : 花と生活 | GENRE : 趣味・実用
img725c6d7fzikdzj.jpeg

チコリー:花のメッセージ…献身的な愛  無償の愛、個を超えた全体への奉仕

その青い色は聖母マリアのブルーを象徴しているとも言われています。

このエッセンスは人と関わる時に見返りを求めてしまうそんな時に、自分の中の無条件の愛を知り
自信を持って生きることをサポートしてくれるのです。

また、見返りなどを求めてしまうときは自分自身が認められている、または愛されているという確証を求めている場合があります。




私にとって、今回フラワーエッセンスを処方してもらった経緯は「長男との確執」です。


すでに高校生となり、乳児や幼児に対する愛情表現とは違う「母親」でいることに自信がなく、自己否定が強かった私に気がつきました。

それは苛立ちとなり長男へと向けられていたと思います。

長男の希望をとって、今、離れて暮らしています。

目が届かない、世話を焼けない、管理できない事。(学校の成績の悪さも、離れて暮らすことを許した自分を責めました。)

心配や苛立ち。もどかしさ・・・



そもそもは、離婚した婚家に対する憎しみでもありました。

「無くなった」「忘れた」「許した」と思っていた事が、長男が実父や向こうの家と仲良くすることによって、

もう一度、甦ってしまった。そして息子が私を愛していないと思いこんでしまいました。

今、長男にしてもらっていることは感謝の一言に尽きるはずなのに・・・・


「憎しみ」と「嫉妬」

「過干渉」と「管理欲」


それらを手放すために、ホリーとチコリーが私の心に気づきを与えてくれました。


これから先、何が起きても、どんな道に進もうと、たとえもし、自己管理ができずに高校を中退してしまったとしても、

後悔や反省は長男自身がするものであって、そこから学び、強くなるのも彼自身の必須事項なのかもしれない、

だから、


なにがあっても愛そう。

突き放すことなく手放そう。

私の執着が彼の心をこれ以上苦しめないようにしよう。


ただひたすらに味方でいよう。

理解や、信頼はまだ遠い先かも知れないけれど、

あきらめずに、今からでも、もう一度、よく考えて。


責めず、問い詰めず、

優しい毛布みたいに。


もう怖い顔や心配顔はやめ。

笑おう。



うん、笑える。

この気持ちになれて本当に良かった。




心の痛い人、苦しい人、すべての人が笑顔になれますように。








スポンサーサイト

09
1
2
3
4
6
7
10
12
13
14
16
17
18
21
22
23
25
27
28
29

プロフィール

Spica101

Author:Spica101
オーナーやまぐちです♪
長男高校2年生 次男もうすぐ2歳 猫は2歳。本人37歳
アロマと花とオリオンビールをこよなく愛しています。

人の心も振動をもつ水晶のようなもの。

良いイメージを膨らませて、

祈りと希望をもって

日々が過ごせますように・・・

明るくいきましょう!!

反原発、汚染瓦礫拡散防止!

 


Twitter

 

 


 


 


 


 


 


サクラスイッチ

 


検索フォーム

 


ネコ温度計

 


 


QRコード

QRコード

 


Copyright © おまけのSpica All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: HELIUM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。